アレルゲンに対する取り組みについて

原料
情報取得

  • 弊社で使用する原料(馬鈴薯、肉、パン粉、調味料)については、正確な原料情報(アレルゲン、配合情報、原料形態、衛生規格、製造工程)を取得した上で使用しております。
  • 特にアレルゲンについては、特定原材料7品目・特定原材料に準ずるもの21品目の計28種類のアレルゲン情報を取得しております。
アレルゲン情報

製造管理
コンタミ防止

  • 製造エリアにおいて、アレルゲン管理は非常に重要な位置づけにしております。弊社では、アレルゲンの教育を必ず実施してから業務に従事しております。
  • 弊社において、特に厳しく管理しておりますのが、『卵アレルゲン』を含んだ原料になります。

マップ化
アレルゲンがコンタミネーションするエリアを分かりやすく色分け

エリア分け
『卵』アレルゲンを含んだ原料(調味料)の保管、計量エリアを区分け、計量した調味料についても、色分けして見える化

器具分け
アレルゲン別に器具分けして、コンタミネーションのリスク低減

製造順番
商品毎にアレルゲンが少ない(無い)ものから有るものへ切り替え製造

表示
情報提供

弊社で製造した商品には、含有しているアレルゲンを正しく表示し、お客様に正確な情報を提供させていただいております。

表示(情報提供)