SDGs宣言




味のちぬやグループは
「社員の健康を礎とした幸福の実現と社会的貢献を果たす」という経営理念に基づき、
持続可能な社会の実現および課題解決に努めます。
2022年3月1日
代表取締役会長 今津 秀 
代表取締役社長 松村 信人

重点取り組み課題

SDGs重点取り組み目標・ターゲット.png
生活の豊かさや健康の源である食料品を提供する企業として、高品質な食品を安定して供給すると同時に、食品ロスや廃棄物などの資源や環境の課題に継続的に取り組んでまいります。
取り組み紹介
2019年から3R活動+T(リデュース・リユース・リサイクル+Think)プロジェクトチームを立ち上げました。
食品ロス・工場排水を削減するための製造ライン構築や、食品残渣・資源を再利用できる仕組みづくりなど、社員一人一人が考え、目標達成のために様々な取り組みを行っています。
2020年から滞留在庫撲滅プロジェクトを立ち上げました。
・滞留在庫の賞味期限切れによる商品廃棄を削減
・製造に関する原料や包装資材の廃棄を削減
・倉庫保管量を削減
以上を中心に目標達成に向け取り組んでおります。
SDGs.png